女性のための婚活情報トップページ >幸せな結婚をするには >婚活疲れになったら

婚活疲れになったら

婚活パーティーにも何度も参加したり、結婚相談所にも入会したりして、婚活を続けていても、なかなかいい人にめぐり合えない、成婚までたどり着けない、と悩む女性もいるかと思います。特に、自分で期限を決めて、○○歳までには絶対結婚したい、などと考えている場合、予定通りにいかなくなると、焦りを感じるようになり、心身共に疲れが出てきます。深刻になると「婚活うつ」と言われる症状になる場合もあります。

そんな時は、婚活を少し立ち止まって、深呼吸してみましょう。そして自分自身を見つめ直してみて、自分がもっと人間的に成長すべき部分はないか、相手の男性に完璧を求めすぎていないか、と客観的に考えてみましょう。

もし、それでも良縁に恵まれないのであれば、婚活に注いでいたエネルギーを、もっと自分自身の生活を充実させる方に向けてみるのも一つの方法です。結婚を諦める必要はありません。ただ、婚活が厳しいからといって、相手にどうしても嫌な部分があるのにもかかわらず、焦って結婚するような安売りはするべきではないと思います。

仕事を充実させて自活できる力をつける

まずは、自分自身が、誰にも頼らず、迷惑もかけないで一人で生きていけるだけの経済力をつけておきましょう。もしも結婚したい理由が、仕事が嫌だったから、とか、自分の経済力がないから、ということならば、結婚というものによりかかり過ぎてしまうでしょう。結婚できなければ、人生真っ暗のような考えに陥ってしまうのです。

もし仕事の内容や人間関係にトラブルを抱えている場合は、どうやったら解決できるかを自分で考えたり、社内に相談できる人がいるなら、話をしたりして解決に努力しましょう。それでどうしても改善できないようであれば、転職も視野にいれた方がいいでしょう。

自分の経済力では一人で生きていけないような状態なら、すぐに就職活動等をして、何とか自活できるようにしましょう。一人でも生きていけるようにキャリアアップすれば、それは自信と余裕につながります。自信と余裕のある女性は輝いて見えますし、心にゆとりを持って婚活できるようになるでしょう。

長く続けられる趣味を持つ

仕事というものは、たとえ好きな仕事であったり、やりがいのある仕事であっても、ストレスが溜まることがあるものです。そのストレスを解消してくれるのが趣味です。

趣味は、スポーツ系、料理系、音楽系、デザイン系、ものづくりなど、自分に向いてそうなジャンルで構わないので、習い事のようにできるだけスキルアップも期待できて長く続けられるものを選ぶとよいでしょう。そして、自分一人だけでする趣味もいいですが、人と交流できる趣味の方がもっと良いでしょう。もし、仕事でストレスが溜まったり、職場の人間関係に悩んでいても、仕事以外の世界での人とのコミュニケーションがストレスを解消したり、傷ついた心を癒してくれるものです。

また、仕事オンリーでなはく、趣味や習い事など、仕事とは別の世界を持っていることは、人間としての幅が広がり、新たな魅力が増します。そして人脈も増えていきますので、退職後の人生も寂しくないでしょう。また、趣味であっても、長く続けていてスキルアップしていくと、それが今までの仕事とは違うキャリアにつながっていく可能性もあるのです。

婚活で得た経験は財産になる

婚活は、必ずしもすべての人がスムーズに成婚に至るわけではありません。自分磨きも一生懸命して、すごく頑張って婚活をしているのに、いい男性に出会えなくて心が折れそうになっている女性もたくさんいます。しかし、決して自分自身を責めたり、自信を失ってはいけません。婚活での苦労や経験は、必ずその後の人生の糧になるはずです。

婚活ほど、自分と向き合ったり、他人の心理を読んで深層まで踏み込んでいく行為というのはないのではないでしょうか。つまり、婚活で苦労した人ほど、婚活する前よりも、ずっと人を見る目が養われているはずだと思うのです。それは、結婚だけではなく、人生を渡っていく上で、非常に重要な能力が備わったということになるでしょう。

婚活での苦労を、苦労しただけで終わらせるか、それとも自分の財産として今後の人生に活かせるかは、その人の心の持ち方次第だと思います。経験をプラスにし、前向きで充実した生活を送るようにすれば、いつか本当に自分に合う男性に出会えるはずでしょう。実際に、いつまでも魅力的であり続ける女性は、何歳であろうともステキなパートナーと出会い、幸せな結婚を手にしているのです。